So-net無料ブログ作成

いろんな木琴屋さんがいてもいいと思う [事務局通信]

DVD収録用の「森のカーニバル」、やっとパート譜を完成させました。
間違いがあってはいけないのでけっこう時間がかかりました。
先日梅の写真をupしましたが、今日見るとお庭の桜が開き始めてました・・・

sakura.jpgなんだか初々しい

楽譜の最終チェックをしながら、ずっと昨日のコンサートの事を考えてました。
アンサンブル・マレットと同じマリンバトリオの演奏会でしたが、
ずいぶん自分たちとは演奏のスタイルが違っていたように感じました。

演奏とは別に、通崎さんと私は似ているところがあるなと思いました。
大学院を出て、着物が好きで、邦楽とのコラボ、(過去には私も)オケと共演、
自分のやってみたい曲を選曲するところや、昨日拝見したステージ進行等々。

使っている楽器やマレットとか、師事した先生とか、目指している方向性とか、
音楽経験や人生経験等、条件が重なって演奏に違いがでてくると思うんです。
でも、世の中にいろんな木琴屋さんがいるから面白いんですよね。

さて、私はアンサンブル・マレットやサンバリンバを主宰する木琴屋さんとして
これからどういう風にマリンバとつきあっていきましょうか?









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。